夫の子育て・育児

「夫の子育て」を最初から読む。

夫に育児を理解させるには夫側を理解してあげる

もしこの記事を読んでいるのがママさん側で、夫の理解や分担度合いに不満があるのなら、まずは夫側を理解してあげるとよいと思います。

無論、産後の体力減衰や生活リズムの変調など考えれば、夫を気遣う余裕がないのも道理。

…しかし自分で気づけない夫には、なぜ気づけないかを考えてあげないと前進がない。子どものためと思って。

  • 経験がないことには想像力が働かない
  • 日中は仕事をしている
  • 妻が何に不満を持っているかがわからない
  • 何かしたら「よけいなことしないで」と怒られる
  • 妻が自分でやりたがっているように見える

経験がないことには想像力が働かない

これが最大のすれ違いで、「わからないのが当たり前」。

赤ちゃんも「自分でおむつ交換できないのが当たり前」。

根気強く少しずつ経験させて、理解させていくしかない。

ただ、赤ちゃんの面倒を見ながら夫の面倒を見るのはそりゃ辛い話で、夫側がそもそもその気がなければ、「そんな理屈が聞きたいんじゃないよ」となるわけで。

これは、それ自体がどうではなく、ただの前提確認です

日中は仕事をしている

産休入るまで働いている人はわかると思いますが、「仕事でストレスに耐えて生活支えているんだから」という思いがある。

前述のとおり、育児と家事の並行がどれだけ大変かわかってないから。

「お手伝い」という表現が気に入らない?
別にいいじゃないですか。
日中仕事していて、少ししか育児に参加していないなら、それは確かに「手伝い」です。

今の日本社会は夫が子育てのために育児休暇をとることを、まだまだ受け入れていない。
特別視される。
意地悪な人は、「良い夫ぶりたいんだね」と心無い見方をしてくる。
ある意味もっと意地悪なのは、「応援するよ。でも仕事は自己責任だよ」。それは応援しているとは言わないでしょ。

どちらが大変という話ではなく、夫は夫で「がんばっている」…つもり。
夫が妻への理解を示す姿勢が先だというのも理屈なら、どちらが先かにこだわっていては前に進まないのも道理。

妻が何に不満を持っているかがわからない

夫が「やってるつもり」なのにうまくいかないのは、感情から発言が端的になっており、具体的に求めていることを理解させられていないかもしれません。

その前に、自分(妻)が自分で、何が不満なのかわかっていないかもしれない。

  • 自分(妻)=育児が当たり前と思っているように見えるのが不満?
  • ネットで調べた情報で知ったかぶるのにイライラ?
  • 純粋にもっと作業を分担したい?
  • 分担しても、自分(妻)が気に入った結果にならない?

一つ一つでいいので、具体的に伝えていくと、夫も、普通の人なら、なるほどと。

何かしたら「よけいなことしないで」と怒られる

せっかくやる気になっているのだから、温かい目で見てあげましょう。

改善点があるなら、諦めずに、具体的に伝えてあげてください。

そりゃ、いくら夫婦でも、どうしてほしいかを伝えないと、相手は100%はわからない。

妻には妻のやり方。
夫には夫の考え方があると思う。(浅薄だとしても)

そこは夫婦なのだから、根気強くすり合わせを行うっていくしかない。
まして育児という重要なことであれば、お互いが納得した上での妥協点を見つけないと。

私は原則、妻の主張にあわせます。

妻の方が確かによく調べているし、慣れているので体感値もある。

妻もそう思っているだろうし、自分の身体から産まれている分、妻の方が「子どものことを考えている」という思いが強いと思う。

なので、夫側が意固地になりすぎると喧嘩になってしまう。

私がこだわるのは、子供の安全に直結すると思ったときだけです。

妻が自分でやりたがっているように見える

意外とこれ、あるかもしれませんよ。

「手を出さない方が妻は嬉しいのかな」。

私もそう思ってしまうことがあります。

スポンサーリンク







シェアする

フォローする

スポンサーリンク